S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
日記
サイト
感想
お知らせ
紹介
love
リンク
まろやか日記
最近はこちらが更新多め。
幸せになるためのメソッドを紹介しつつ好き勝手に楽しく書いてます。(一応モバイル向け)

ことのはひとひら
お題消化など、小話や短い文章をつづっています。

コウの本棚
booklogです。わりと大概大概なので、読んでも載せてない場合も。





以前の記事
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


夜のバスは怖い
どうもこんばんは。コウです。
来年度の教育実習の申込をするために昨日今日と愛知に戻っていました。今バスに揺られてえっちらおっちら奈良に向かっています。

当たり前ながら外は暗いです。でも寝る用のバスでもないためリクライニングもあんまり効かせられず、とりあえず今日買ったLIBERAのCD聞きながら奈良の古本屋で手に入れた夏目漱石の『こころ』を読んでいました。

…が、二部終わりで断念。

一部(先生夫婦と私)はいいんだけど、二部(家族と私)がいけません。

お父さんの病気と看護の描写が克明すぎたのか、曲が綺麗だけど怖いというか、悲しい音色だったせいか、それともただのバス酔いか、とにかく気持ち悪いです。

『こころ』は夜に読むものじゃないなということがよくわかりました。こんな真っ暗な中ではKの死まで精神がついていけない。
お父さんの今わの際の描写もさっき別れてきた祖父母を想像させるし、本気で泣きそうになりました。(本の内容に感動ではなくて恐怖で、です)

夏目漱石はすごい。すごいけど、怖いなあ。

とにかく明るい曲を聞いてテンション上げよう。
今はナイス橋本に未来を託します。(笑)


あ、ちゃんと読んだらまた感想書きます。(でもすごく視覚に訴える小説だと思いました。映画化とかしたらすごく役者の力量が問われそう。)
[PR]
by tamayura-fugetu | 2007-06-11 20:37 | 日記
<< 人恋しい 若冲見てきましたよー。 >>