S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
日記
サイト
感想
お知らせ
紹介
love
リンク
まろやか日記
最近はこちらが更新多め。
幸せになるためのメソッドを紹介しつつ好き勝手に楽しく書いてます。(一応モバイル向け)

ことのはひとひら
お題消化など、小話や短い文章をつづっています。

コウの本棚
booklogです。わりと大概大概なので、読んでも載せてない場合も。





以前の記事
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


お稽古、恵方巻、そしてチャット
今日の出来事。
お稽古。
あと残り少ない舞と謡のお稽古でした。
舞は「経正クセ」、謡は「杜若」です。
経正は、平家の武将さんですね。
彼が幽霊になって出てきて、昔を懐かしんで舞ったり琵琶をひいたりするようなところです。

二重ヒラキから、一度ひざを突いて、二の松を見て、自分の手の中にある扇(=琵琶)を眺めるという型があるんですが、そこがすごく好きです。
まだ仕舞集も謡本も見てないから、ちゃんとしたシーンは分かってないんだけど、イメージは「昔を偲ぶ」です。
松とともに過去にあった風景を思い浮かべ、手の中にある琵琶を愛しげに見つめる経正の姿が、ふわぁっとのぼってきます。

あと、経正クセはわりとすぅーっと動いていく曲なので、足はこびを意識しやすいです。
この前やっていた山姥とかは、どうも、のしのし歩くことに重点を置いたり、重い動きが多かったんですけど、経正は若いお侍さんだから、颯爽としている感じ。
でも優雅な人だから、足裏は出来るだけ離さずにやりたいな、と思っています。

杜若は、なんというか、とても無邪気ですね。
杜若の精が「見て見て、これが在原業平のつけていた冠とね!」と、自分の姿をお坊さんにみせながら服の自慢(ちょっと違う)などをしていて、それが可愛らしいかんじだな、と思いました。
まだまだ、最後まで行き着いてませんが、弱吟の謡はさすが宝生っていう美しいものばかりで、楽しいです。

お稽古が終わって、4時半からバイトのつもりが、間違えて3分早くタイムカードをチェックしてしまったので4時15分からバイトに入りました。
恵方巻き戦線はなかなか入り乱れての混戦でした。笑。
でもパートさんに恵方巻きもらっちゃったv
バイトが終わってから北北西を向いて食べましたよ!

そしてバイトも終わって帰ってきて、ご飯を食べつつ父が見ていたマトリックスをちらみして、某宅で行われていたチャット大会にお邪魔してきました。
その節でお世話になったみなさま、素敵な時間をありがとうございました。
本当にホストの方は素敵な方だなあと再認識いたしました。
やっぱり素敵な人間関係を作れる人は素敵な人なんですよね。
私も見習いたいです。

そして今からお風呂に入って寝たいと思います。
明日も一日バイトがんばるぞ。

今週の目標はコピーした大谷先生の論文を出来る限り沢山読むことです。
でもね、ホントにこの方の文章って面白いんです。
論文だからちゃんと専門のことも沢山書いてあるのに、まだ歯も生えそろってないような私が読んでも面白い文章って、なかなか書けるもんじゃないと思う。
思考力もさることながらやっぱり文章力がすばらしいんだろうな。
私もそんな人になりたいです。

なりたい人が一杯ですね。幸せだな。
いろんな良いところを沢山吸収したいです。
[PR]
by tamayura-fugetu | 2007-02-04 02:21 | 日記
<< 本格始動? 口頭試問 >>